【岩木小学校】増設しすぎた「すべり台」の謎


青森県弘前市の岩木小学校には、めっちゃすべり台が多すぎてやばいという情報が入ってきた。


また、Bチームへの調査依頼フォーム はこちらから待ってます。

気になったものがあればおしえてください
( ◜◡^)




すべり台の滑る距離が長いなら何個か思い当たるが、すべり台の絶対数が多いというのは初耳である。


ということで、調査開始。







多すぎるすべり台の場所はどこ?

.


すべり台がめっちゃ多いという場所は、
青森県弘前市の岩木小学校にあります。




なんとか日没前に岩木小学校に到着。



いい感じに日も暮れてきた。


ちなみに、弘前市からはめちゃくちゃ雄大な岩木山が見えます。



美しい。

富士山を見ても「あ、はい」くらいしか思わないんだけど、この岩木山だけは、本当に心の底から感動した。

と同時に、青森県までひとりでやってきたことにどうしようもない寂しさを覚えた。







大量のすべり台

.



わろつあ

なんだよこれ…

ゲームのバグのような絵ヅラ。

いや、まじなんだよこれ…。





すべり台が戦隊モノのような配列で並んでいる

遊具をどこに配置するか図面にした段階で、
おかしいと思わなかったのか?





これぞゼネコンの闇

大人の闇を抱える遊具のためか、子供は一人も遊んでいなかった。

つまり、すべり台の供給過多

すべり台の供給過多」なんて言葉は、ここ以外では一生使うことはないだろう。





すべり台は6つ用意されている。

つまり、1年生〜6年生の各学年ごとにすべり台が振り分けられているとみた

いや、でもそんなんアホじゃん。







ブランコ

.



すべり台に負けず劣らず、ブランコも多かった





すべり台に引き続き、ブランコも6個ある。

この遊具を設置した人は愉快犯だろう

きっとなんかの儀式ですべり台6個とブランコ6個が必要だったんだよね…うん

きっとそう







他の遊具

.



ちなみに他の遊具は普通。





鉄棒はどこの小学校と比べても、変わり映えがない。

一方ですべり台とブランコは、計6つも設置するあたり、並々ならぬ決意の表れを感じとることができた







聞いてみた

.

なぜこんなすべり台がたくさんあるのか先生に聞いてみたところ


先生
わかりません



という回答をいただいた。

まあ、きっと理由なんてないだろう。







行くときは必ず連絡を

.

岩木小学校に行く際は必ず連絡を。

小学校の敷地内なので。

【詳細】

  • 住所:青森県弘前市大字五代字前田451
  • TEL:0172-82-3008
  • おざわ隊長の感想:★★「必ず行く際は連絡してください。通報されます」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ