【地名駅】日本一短いトンネルを調査する。


静岡県に、自称日本一短いトンネルというものがあるという情報を入手した

短いトンネルなら、山のようにあると思うが、そこに日本一という言葉が付属されるとなると話がだいぶ変わってくる。

日本一がつくということは、全ての者を出し抜いてトップに君臨するということである






極端な例ではあるが、日本一短いトンネルとはこのレベルでなくてはならない。

ということで、勝手に日本一短いトンネルはこんなものだろうと爆裂予想してみた結果、見てみたい欲が炸裂したので、確認しに行くことにした。







場所はどこにあるの?

.



日本一短いトンネルは、大井川鉄道、地名駅のすぐそば。

【地名】と書いて【じな】と読みます。

静岡のけっこう山の中。赤石山脈の南に位置します。







地名駅に到着

.



これが地名駅。

昔ながらの良きボロ駅である。

新宿駅とはえらい違いだよね。





切符は、駅の向かいのタバコ屋さんでしか買えない。つまり、タバコ屋の人が不在の場合は、電車に乗れない地獄のようなシステム

ちなみにこの日は、不在であった笑

※ちなみに、自動改札機なんて甘えたものは無い。





地名駅は、周囲から丸見えの丸裸駅。

さて、日本一短いトンネルはどこだろう。





あ!もしかして!





いた!これじゃね?

なんかもう、めっちゃくちゃあっさり見つかったーーー!!うぇーーーい!!





これは…確かに短そうだ。

穴の向こう側まではっきりと見えるもん。

なぜか頭は緑でフサフサ。景色に擬態しようとしてる。







横から見てみる

.



実は、この矢印の方向は隠し通路になっていて、トンネルの真横まで歩けます。





隠し通路から見るトンネルは、歪そのもの

こりゃあ確かに短い…。

なんかすごく不安になる…。





西側から見るとこんな感じ。

ちょうど電車も通った!シュゴォォオオオ!





まさか子供の頃に見たこいつを現実の世界で拝む日が来ようとは夢にも思わなかったぜ…





これ、トンネルというかもうただの屋根じゃん

で、このトンネルは何のために作られたのかという疑問が残る







このトンネルの存在理由

.

このトンネルの存在する理由ははたしてあるのだろうか






茶畑側から見ると、より何のためにあるのか分からないトンネル。

俺がもしこのトンネルだったら絶対グレてるよまじで。

その答えは、地名駅の前に立っていた看板に載っていた。





これね。この矢印のやつ。






日本一短いトンネル

※以外原文

近隣の山々から藤枝へと続くケーブル輸送の際に、運んでいる荷物の落下による危険を防ぐために設けられました





また、この看板には下記のように記されていた。

  • 大正15年、地名〜滝沢(藤枝)間をロープウェイでつなぎ、そこに生活物資を乗っけて往来させていた。
  • その際、ロープウェイから荷物が落下し、線路に落ちたら危ないという理由でこのトンネルは作られた。
  • 大井川鉄道全線開通により、電車で生活物資を運べるようになり、ロープウェイは昭和13年、天寿を全うする








日焼けしてだいぶ見辛いが、こんな感じでロープウェイを走らせていたらしい。



また、こちらの方のブログに詳細が記載されています。興味ある方は読んでみてください。


【詳細】

  • 住所:静岡県榛原郡川根本町地名360-11
  • おざわ隊長の感想:★「電車には気おつけてね」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ