【道の駅久慈】町を練り歩く軍用車の謎に迫る。


青森県七戸市の国道394号線。





自分は東北が好きで、よくあてのない旅に出かける。

そんなとある日、

青森県七戸市、国道394号線、小田子不動尊付近を走行中、道端に置かれたあるものが視界に入ってきた。





未確認生物を探知!!





なにこれ。

ただものじゃねえ!ただものじゃねえ!!





こんな殺意のこもったもの、公衆の面前に置いちゃダメでしょ。

ねえ。





あー殺ってるよこれ。

間違いなく殺ってる。





ていうかまじでなんなの?

ぬ~べ~の鬼かな?

怖すぎるでしょ。

これ、通学路にあったらトラウマだ





謎の小屋

.



全く説明がないうえ、この見過ごすことの出来ない強烈なインパクトの赤鬼さんの謎を探るため、後ろの小屋を探る。





のぞいてみる。





あ…

薙刀(なぎなた)に手…

一般家庭にあるはずのない薙刀があるのは絶対におかしい。

手もなんかバイツァダストされてるし。

これは事件の匂いがする。





しばらく小屋付近を散策するも詳細は全く分からず。

人も全然いなくて確認することもできなかった。





赤い鬼の正体

.

何かわからない場合は手っ取り早く地元住民に聞いてみるのが1番早いし分かりやすいので、今回はこの赤い鬼のすぐ近くの七戸福祉会に電話してみた。




ぷるるる



七戸福祉会
はいなんでしょう


おざわ隊長
すみません。かくかくしかじかで、赤い鬼を見かけたので気になって、何か知らないかなと思い電話した次第であります~


七戸福祉会
あぁあれね。あれは七戸の祭りで使われる山車(だし)の一部ですよ



なるほど~

山車の具材の一部なんですね〜。


おざわ隊長
ちなみになんて名前の祭りで使われたのか分かります?


七戸福祉会
それは知らん



なるほど…調査する必要がありそうだ。





山車とは

.

山車(だし)は、日本で祭礼の際に引いたり担いだりする出し物の総称。花や人形などで豪華な装飾が施されていることが多い。祭などの行事では、この山車が町の中をねり歩き行列となることもある。(Wikipedia参照)

見てもらうと分かりやすい。



http://tfo1.com/mikunimaturi

この進撃の巨人みたいなのが山車。

とにかく派手で言葉の通り山のように大きく魅せる祭り用の神輿にタイヤがついたものを言う。





その理論だと、エレクトリカルパレードも立派な山車なのである。

ド派手だし、車輪ついてるし、ネズミ乗ってるし。





聞き込み調査

.



というわけで、この赤鬼が使われていた山車がどんなものなのか確認しないと気が済まず、毎日6時間程度しか寝れなくなった為、現場近くのとある酒屋に電話をかけてみることに。



おざわ隊長
急なお電話失礼しますー。かくかくしかじかで、赤鬼を使った山車の情報を探しておりますが~…


とある酒屋
……


おざわ隊長
もしもし?


とある酒屋
セールスはお断りです!!



ガチャンッッッ!!


おざわ隊長




このあと、赤鬼が使われている山車を見つけるため、ネットからYouTubeから、しちのへ秋祭りに留まらず、東北じゅうの山車祭りを1週間にも渡り探したが、見つからなかった。

探してる時はお祭り気分味わえたからいいけどね。

※どうやら向町組管轄の山車だそうです。現物は未確認。





山車を徹底調査

.

山車をより知るために、実際に秋祭りで使われた山車を展示している道の駅久慈へ行ってみた。





この見た目が派手派手なのが山車。

この派手さはギャルをも凌駕する。

道の駅久慈では、秋祭り時以外は通年、間近で山車を拝見することができる。





山車の横には、秋祭りの歴史などが記されている。

山車の秋祭りの歴史は、遡ること応安2年(1368)で、五穀豊穣、除災招福を祈願し、このようなでかい山車を転がし始めたそうだ。

今から約650年も前から、人々は山車をぶん回していたらしい。すごい…





ちょっと遠目から見るとこんな感じ。

この派手さはもはや珍走団。





真ん中には弁慶っぽい人。

場面は「八艘飛び」。

つまり、この山車は壇ノ浦の戦いを表しているようだ。





ちょっと上から見た山車。

義経がいるのも確認できる。

そう!

山車とはつまり世界最古の痛車なのである!





横から見た山車。あれ?





ズッコーッッ!!





後ろに回って見る

.

後ろに回ってみる。

後ろはどんな乱世が広がっているのだろうか。






アアアアアッーハンッッ!?





おい!どうした?おい!

右から、

  • みつひこ
  • げんた
  • 黒幕

じゃないか!!なんだこれ!!なんだこれ!





その隣には「げんた氏~」とか言いそうなコナンくん。

頭身が妙にリアル。

突然すぎて脳がオーバーフロー起こしてるぞお?

これはどうゆうこったい?





コナンくん靴汚い。








前後で熱量が違いすぎるんだけどこれはいったい何?

前は壇ノ浦の戦い。

後ろは名探偵コナン。

世界観が540度違うけども??





世界観の違い

.

受付の観光交流センターのスタッフさんに、この展示された山車について聞いてみる事に。



おざわ隊長
あの、すみません。展示されている山車について質問なんですが、前は壇ノ浦の戦い。後ろは名探偵コナンなんですけども、これは何かコンセプトなどがあったりするんでしょうか?


観光交流センター
わかりません





おざわ隊長
わかりました。ちなみに、この山車はどこの組が作ったのか分かりますか?


観光交流センター
確か、「に組」ですね。




おざわ隊長
はて…






山車の魅力

.

ネットで調べていると、最近の山車はド派手で奇抜なのはもちろんのこと、ニーズに沿って柔軟な進化を遂げていることが分かった。

エヴァンゲリオンや、ワンピースのキャラクターの山車などもあった。

本当であれば、この場を借りて紹介したいところだが、キリがなさそうなのでやめておく。

しかし、ここ数日、山車を調べまくってたら、なかなかに山車の魅力に取り憑かれてしまった。

夜中の暗闇にこれでもかと輝く山車の格好良さは、一度生で拝みたいものである。



http://mamo-photo.blogspot.jp/2014/08/2014.html?m=1





調査結果

.

今回は大敗である。

あの赤鬼がどこで使われてるのか。

なぜ、コナンくんなのか。

わかる方いらしたら、協力お願いします。



【基本情報】

  • 住所:岩手県久慈市中町2-5-6
  • Tel:0194-66-9200
  • 営業時間:9:00~19:00(11月から3月は18:00まで)
  • 駐車場:あり(めっちゃ混む)
  • 昔:
  • 特別に乗らせてもらいました。今回は無理でした。
  • おざわ隊長の感想:★★★★「こじんまりとした町内会の縁日も好きだけど、こんな立派な祭りも見てみたい。うん。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ