【浅舞運送】トラウマ確定。とある運送屋のシンボルがもうまじでイッてた。


それは秋田県横手市の超(超と書いてスーパーと読む)ど田舎にいた。


日本海側を見ると、天気が良いと、このように雄大な鳥海山を見ることができる。



本当にかっこよくて、デカイ事やってる山であった。

しかし、今回はこの鳥海山の雪の回廊を捨ててまでも見に行かなくてはならないヤバい置物があるとの情報を風の噂で入手したので、鳥海山を目の前にし、その置物を見に行くことに。








そのヤバい置物は、荒野にぽつんとある。

.

100人中100人が田舎と答える、癒しの風景。

角を右折し歩いて行く。



てくてく





What…?





What’s going on here?





That makes no sense!!







うおおおおおあああああああああ!!!!

ああああうああああああがああああ!!!




あ…はい。



一体誰が、なぜ、何のために、で、これはなんなんだよ!!と全ての疑問が一度に押し寄せてきて頭の中はリオのカーニバル状態。

これをなんて呼べばいいのかも分からず、頭は完全に過呼吸だ

ん!?ピクミンかな?






しかし、ひっさびさにセル第一形態よりインパクトある奴を見つけたぞ…









これは一体なんなんだ!!

.

こんなの幼少期に見たら小便を滝のように漏らす自身がある。

さて、これはゴブリンなのかセルなのかアラジンなのかわからないが、いったいなんなのか。いや、ほんとになんなんだろうこれ。



何気に鍛えられた腕には

「無事の帰りを待ってる像」の象形文字。
どうやらこのゴブリン、待ち人らしい。






これはなんなのか分かるとしたら、後ろにあるこの会社に突撃してみるのが1番だ。
が、しかし、ゴールデンウィークの為か、人の気配を一切感じなかった。






【浅舞運送】
どうやら運送屋のようだ。

タイヤに社名書く感じがローカルで良い。

転がったらすぐどっか行っちゃうよ?






タイヤの溝には水が溜まっていた。

間違いない!夏場は間違いなく蚊が大量発生するだろう。
今すぐこのタイヤを燃やせえ!





ここで待ってる限り、人っ子ひとりに会わなかったので、結局この得体の知れない何かについて、知ることは叶わなかった。







正体を探る

.

横から見るとこんな感じ。横からだとさらにやばい。四足歩行なのがヤバさのギアを一気にあげる。





この顔は完全に二足歩行顔だろうがよ!










.

正直、全く「ドライバー募集」の看板に目が行かない。

ていうか面接に来ても逃げ出すんじゃ…




股間は土の中にしまわれていた。





近くでよく見ると、どうやら一度首がもげた形跡が痛々しく残っていた。




オヤジ狩りにでもあったのかと思ったが、いくらヤンキーでも、どんな祟りに合うかわからないこの像の首を破壊するようなマネはしないだろう。






アルマゲドン!!!






そして何より以外とでかい。

自分の身長が175センチなので、こいつが立ち上がったら3m級の奇行種になる。

人類は改めて思い知らされた。人間の弱さに…









で、結局なんなのこれ!

.

全く正体がつかめないまま時が流れ、家に帰った後もグーグル画像検索してみるも、巨大なきゅうりの写真しか出てこなかった。


「シーサー」という単語でもめちゃくちゃ調べたが一切ヒットしなかった。





ということで、直接浅舞運送さんに電話して聞いてみることに。



プルルルル




受付
はい浅舞運送ですー


おざわ隊長
お忙しいところすみません。1つお伺いしたい事があるんですが、今、よろしいですか?


受付
はい、なんでしょうか


おざわ隊長
あの、なんか、あの、置いてある、四足歩行の…えっとあるじゃないですか





なんて呼んでいいのか分からず、このようにめちゃくちゃどもってしまった


受付
はい。置いてありますが


おざわ隊長
その置物について、詳細をお聞きしたいなと思いまして


受付
かしこまりました。社長に変わりますね。




しゃちょさん!?ええ!?




社長
もしもし


おざわ隊長
あ!お忙しいところすみません!あの〜、四足歩行の置物について知りたくてですね…


社長
あれか!あれはな…えっと、なんだっけな。えっと〜…あれだ。あれあれ!あれだ!


おざわ隊長
……


社長
あー。ダメだ。名前が出てこん


おざわ隊長
\ドッ/


社長
名前は思い出せんけどあれな、中国の王様のお墓に一緒にいれる守り神なんよ


おざわ隊長
え!?あの大きさの物をお墓にいれるんですか!?


社長
そりゃ知らんなぁ


おざわ隊長
社長さんが、直接作られたんじゃないんですか?


社長
あれは、譲り受けたんだよ。最初は国道沿いの骨董屋に置かれてたんだけど、いらなくなったらしくてね。そこで、無料で引き取ったんだよ。


おざわ隊長
なるほど…


社長
ちょっとあれ顔色が黄色っぽかっただろ?あれ、自分で塗ったんだよ


おざわ隊長
社長自らオールペンしたんですね!すごいです。


社長
ふふ



ということだった。








ゲートガーディアン

.

中国の王家のお墓に一緒に入れて、守り神となる事が分かった為、


「中国 お墓 守り神」

「中国 王家 お墓 守り神」


など調べてみるも、検索がヒットすることは無かった。





そこで、物は試しに

「中国 人面犬」

と検索してみると…


とあるブログ がヒットした。












そこには…













これは…!?

これはドンピシャじゃないか!!!

浅舞運送の前にいたものと同じ!

いや、ドッペルゲンガーだ!!

名前を【鎮墓獣】というらしい。
読み方は【ちんぼじゅう
「ぽ」じゃないよ。




鎮墓獣とは…

墓を守護し悪霊をはらう役目を負わされて、墓中に置かれた獣形ないし人面獣身などの像。中国、戦国時代の楚の墓から出土するものは長舌を有する木彫像。唐墓からは有翼の陶製の怪獣が出土する。

だそうだ(よく分からない)

どういった経緯で、秋田県の骨董屋にこの鎮墓獣が流れてきたのかは分からないが、歴史を紐解くのはすごく自分で調べてて楽しかった。







最後に

.

無事の帰りを待ってる像





果たしてこんな何もない場所で事故とかあるのだろうか…





おわり






【基本情報】

  • 住所:秋田県横手市平鹿町浅舞字沼下247
  • Tel:0182-24-3048
  • 海抜:58メートル
  • ドライバー募集中
  • おざわ隊長の感想:★★★★★「久々に震え上がる珍スポットであった」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

おすすめ
記事がありません